高校で学びたい人は通信制の学校

通っていた高校を何らかの理由でやめてしまったがやはり勉強がしたい、仕事やまたアスリート・芸能活動を行いながら高卒の資格がほしいといった場合には、通信制の学校があります。ここは15歳以上で高卒の資格がない人であれば誰でも入学することができ、全国どこでも学習可能です。学習方法は以前は郵送形式でしたが、現在では主にeーラーニングが用いられます。学んだことに対しては課題が出され、レポートを提出します。スクーリングという登校日が設けられていますが、合宿制になっていたり、通学の必要制のない学校もあります。また通信制高校は時期を問わず転入でき、その前に取得した単位は認められることも特徴の一つです。

通信制の学校に通うメリット

通信制の学校は通信による教育を受けることができるので個々に合ったペースで卒業資格を取れます。課題の添削、面接指導、試験を通して単位を取得するのでほとんど学校へ行かずに自宅で学習できます。面接指導はスクーリング日とも言って登校する日でありだいたい月に2回程度の登校が主流です。単位制なので留年がなく最短で3年で卒業することも可能です。仕事をしている方や勉強があまり得意でない方、中退した方にも適しています。さらに学年による区分が無いので幅広い年齢層の人たちと一緒に勉強することができるので貴重な交流を持つこともできます。

↑PAGE TOP

Copyright © 通信制高校と高校について All rights reserved